無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

花より   野菜  (  3  )

ね~ 見て見て~。

今朝 朝採りの野菜達

001

2013年6月27日 (木)

花の  移ろい  ( 4 )

 夏は野菜作りで、庭花が、あまり無いけれど、

宿根草が、忘れずに毎年顔を出してくれる。

1mぐらいの高さになるので、かなり存在感がある。                         

ルドベキア

Dscn0442

ルドベキアの仲間で アキナセア

Dscn0443

ヒメシャラの木 (夏つばきとも言う) 花は直径2.5㎝

Dscn0420_2 

なんで 夏つばきと言うのか、最初分からなかったが、

花が、つばきに似ていた。

Dscn0444

春に綺麗な花を咲かせた山桜桃梅。

色々な小鳥が、食べにくる。

煩いヒヨドリが、一番よく来る。 私はかわいい小鳥に来て欲しいのに。

2013年6月23日 (日)

花より  野菜  (  2  )

 

 空梅雨かも・・・、と言われ、農家泣かせだった天気も、

台風の影響で、梅雨前線が南下し、待望の雨が降り

我が家の野菜達も元気に大きくなってきた。

友達のご主人様も、家庭菜園を楽しんでいると言っていたが、

我が家の野菜を見て、 すご~い立派up  と

褒めてくれた。

見て~。と言いたくなるほど、良いナスを収穫。happy01

001

002

005

トマトは 鈴なりに・・・、まだ食べるには時間がかかりそう。

005_2

キュウリは沢山実をつけてきた。up

収穫って楽しい~。happy01

ナスは、2個食べれる大きさになったので、

今日の夕食・・・ナスとピーマンと豚肉の味噌いため。

2013年6月20日 (木)

日帰り温泉     ( 4 )

 先週母を、箱根の日帰り温泉に連れていくつもりが、

台風3号の影響で中止となったのを、昨日雨情報だったが、行ってきた。

行きも帰りも、道路はすいていて 早く着き、早く帰宅できた。                 

今 箱根は、登山電車でアジサイ鑑賞 真っ盛り。

車からもアジサイが良く見える。

時期なので 登山電車は大変な混みようとか。

何10年か前に私も経験済み。

アジサイ鑑賞といえば、鎌倉の明月院などあるが、お勧めがある。

静岡の下田にある、下田公園のアジサイ。

アジサイ祭りを6月一杯やっている。

山の斜面一杯 アジサイだらけ。初めて見たとき、そのスケールの凄さにビックリ。

母と姉を次の年に見せに連れて行ったほどです。                       

                      

 湯本の温泉に 11時に着き、お昼まえに一風呂入る。

1時間 ユックリ ノンビリ 山の緑を見ながら 幸せだな~heart02

お昼タイム

001

母と姉はいつもの ちらし。

このちらしは 色々な、おさしみが入っていて、食べても食べても

おさしみが 出てくる感じ。 私も同じものを頼むのだが、

今日は 違うものを頼むことにした。

季節御膳

002

美味しかった。

食事の後は、リラックスルームで1時間お昼寝。

003

帰る前に も一度お風呂に行く。

雨模様のこんな天気でも、人は結構来ている。

3時にホテルを出る。

005

無事に帰宅。 親孝行終了。

2013年6月17日 (月)

梅干し漬け  作業 2

今日は 1か月1回のテニス仲間との麻雀日。

朝から、 トイレ掃除や、家の掃除を丁寧に始める。

人が来ると大変だけれど、普段しない家の掃除をするので、

家が綺麗になる。smile

庭から花を摘んで、生けたり・・・。scissors

a.m 10時30分 集合 。 まだ時間があるので、梅干し漬けを

やってしまおう~。                                        

梅の実より上に水分がたっぷりあがっている。

赤紫蘇をボールに入れ、水が綺麗になるまで、軽く洗い、ざるに上げる。

004

水気を軽くふき取り、ボールに紫蘇と粗塩 40gを入れ、軽く揉み

灰汁を絞りだし捨てる。

005

梅から出た白梅酢をこの上のボールに入れて、紫蘇を絞り、

鮮やかな赤色になったら、

006

紫蘇を軽く絞り、梅の上に平らに広げ、ボールの汁も容器に加える。

梅  3キロ強に対し  氷砂糖   3分2カップもここで、入れる。 

白梅酢は、梅より必ず上にある事。

重石を軽くして梅の上に置く。

008

又 ラップをかけ、紙か布で覆い、土用(7月20日前後)まで、待つ。

009

これで 梅干し漬けの準備は終了。note                             

ちょうど作業終了が10時・・・。

マージャン友が来るのに、間に合った。scissors                          

2013年6月10日 (月)

梅干し漬け  作業に入る

この2~3日 梅の香りが家中に・・・。heart01

収穫した梅も、黄色くなってきた。そろそろ梅干し漬けの作業をしないと。

もう 梅酒と梅酢は作り終わっている。

004

お友達にも、梅を3キロ弱さしあげた。

さ~ 頑張って梅干し作りに入ろう。sign03 

材料         梅      2キロ

            粗塩     360g (私は 320gにしている。)

            焼酎     約カップ 2分の1

この上の分量を元に 梅の量と、材料を変えている。

                                   

梅を傷つけないように、1粒ずつ水洗い、  1晩たっぷりの水につける。

002

水につけすぎると、水分を吸収して、梅が、ブヨブヨになるので、朝には取り出す。

次の作業は、

003

上の梅をざるにあげ、水けをきり、竹串などで、ヘタを取る。

この作業を怠ると、カビの原因になるから、丁寧に。

乾いた布巾や、テッシュペイパー等で、1粒ずつ水けをふき取る。

大きめのポリ袋に梅を入れ、焼酎を霧吹きで分量の4分の3を梅にまぶす。

粗塩の分量の4分の3をポリ袋に入れ、袋ごと転がし、塩を行き渡らせる。

006

焼酎で消毒した漬物容器に、上の梅を入れ、平に整え、残りの塩を降り入れる。

押し蓋や、重石も、焼酎で消毒し、梅の上に乗せ、ラップか、ビニールで覆う。

さらに紙か、布で容器を覆い、日の当たらない涼しい所に置いておく。

これで、梅の実より上に水が上がってくるまで、作業はなし。

008

色々な 作り方があるが、これが、今までで、一番我が家に合っていた。

今日も、良く働きました。happy01

2013年6月 5日 (水)

梅の実を 収穫

 朝から布団干しやら、家の事をして、チョット疲れたな~なんて、思っていたが、

余りの良い天気に  sunsunsun。   梅の実を取ることにした。

木に梯子をかけ、簡易のこぎりを手に持ち、いざ仕事up・・・。

梅の木は、バラ科なので、とげが出ていて、肌をひっかく。

そのとげや、余分な小枝や、大枝をバッサ・バッサのこぎりで落としていく。

去年までは、足の筋肉が痛いなんて思わなかったのに、

梯子から降りて、移動すると、足が笑っている。 山から下りる時みたいに。weep

一足ごと、フラフラする。大丈夫かな~。この辺で止めようかな~。

迷ったけれど、年を取ると、疲れは遅く来る・・・を思い出し、

今日しないと、何時出来るか分からない・・・と頑張って続けることにする。

落とした枝は、ビニール大袋2枚分出た。

収穫 梅

001

未だ 紅梅の実は取っていないから、かなりの量が、取れた。

明日 梅干し漬けをするため、容器を洗い、日光消毒する。                  

                   

野菜が大きくなってきた。                                          

上のキュウリの写真は、5月26日、 下のキュウリの写真は、6月5日。

002

002_2

トマトも 実が大きくなって 枝振りがたくましい。

003

004

ナスの花も 咲きだした。

天気が良いと、よく働くな~。good

2013年6月 2日 (日)

花の  移ろい   ( 3 )

いよいよ 梅雨の季節到来。

シロアリが出て、嫌な時期だが、恵みの雨でもある。

家庭菜園の野菜達、日ごとに大きく育っているから、嬉しい。

庭に出て、我が家の花の写真を撮る。

003

この紫陽花の色が気に入り育てているが、年々小さくなり、今はこの1輪だけ・・・。upwardleft

一般的な色の紫陽花は元気に育ってくれる。

002

額紫陽花で名前を、花火と言う。まだ咲きはじめたばかり。

009  

あすちるべは、日なたでも日陰でも、植えられるので、重宝している。

001

マトリカリア

004

ジキタリス

005

006

名前を忘れてしまったが、背が高くなる。up

我が家で今一番目立ち、勢いがある、ゼラニーム。

008

007

バラも未だ、楽しませてくれる。このバラをポプリにしたら、すご~く良い香り。

家じゅう 素敵な香り・・・  heart02                                                                                    

 

今朝の出来立てパン。

010

パンの香りを 出せないのが、残念。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31