無料ブログはココログ

« ノルデックに挑戦 | トップページ | 野菜が 大きく成りました »

2014年11月23日 (日)

人生94年を生きて。

  私の母の妹・・・叔母の夫が一昨日に亡くなったと知らせがありました。

私とは血の繋がりはありません。

子供の頃、近所に住んでいたという思い出はありますが、叔父と言う立場ですので

記憶に残るほどの思い出はありません。

叔父の近況は母と叔母との繋がりから耳に入っています。

84才の時 脳梗塞に成り、ホームに入所してから一度も自宅には帰れなかったそうです。

10年の月日をホームで過ごした事になります。

ホームに入っている叔父を家族は1週間1度、見舞いに行ったそうですが、

他の人達は見舞いの家族が余り来ず、「お宅は見舞いに良くきますね~」と

感心されたそうです。

食事も段々流動食になって、見た目美味しくないチューブ状の食事を出されたり・・・。

従弟は 「これを食べて見ました?」とホームの人に抗議して

食事内容を改善してもらったそうですが、家族の来ない人達は抗議も出来ず・・・。

病気をして病院に入院でもしたら、3か月したら移動しなければいけないそう・・・。

そして病院のランクはドンドン移動するたびに下がってしまう。

叔父は94才と言う長寿を全う出来た反面、人間らしい尊厳を持って

最後を迎えられたのだろうか?。

いずれ私も お世話になるであろうホームが、心安らぎ、人間の尊厳も

満たしてくれる所だといいのだが!!!と願うばかり。

お葬式に参列して 人生の最後に思いが行く・・・。

« ノルデックに挑戦 | トップページ | 野菜が 大きく成りました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そしてそういう日がくるのは私はもう目の前。。。
抗議の出来ない叔父様はいかばかりのおもいだったでしょうね。
私もかって隣人だった方のお見舞いに老人施設に出かけることがありますが
寝たきりの方はもう看護側の職業的扱いに観念するよりしかたないようです。
人間らしい最後をと思うことすら許されない現状に感じました。
寝たきりの高齢者の見舞客が無いのはどこも同じようですね。

私は出来るだけ行き届いた施設を望みたいのですがはたしてあるのかどうかも疑わしい。
結局思うのはそういうところに行かずに死ねるのが一番ですね。


こんにちはマーチャンさんconfident

この記事を読まさせていただいて職業上、想うところが色々とありました。

私は現在、療養型の介護保険施設(病院)で勤務しています。
ケアマネと云う立場から中立公平である事を心掛けていますが、
お食事関しては入院している方の状況によって流動食のような形態に
なるのは仕方ないのかな?と思います。
普通の形態のものを召し上がる事が、誤嚥につながるのです。
飲みこむ機能の低下をしている患者様にそのような物を提供するのは
反対に虐待のようなものである事を説明させていただきます。
咽こんで苦しがる方を吸引したり、肺炎を併発させてしまうので
ご家族が看護師の目を盗んで食べさせようとしたりして
窒息しかけた患者さんも数名みています・・汗

そして、恐らく入居して3ヵ月で施設を出なければならない施設とは、
在宅強化型の施設だと考えられます。
在宅復帰をしていただく為には早い段階でリハビリなどが必要なためです。

その状態に合ったベッドに患者様が入院しなければ、
恐らくご本人に合った適切なケアが提供できにくいのでしょう・・。

今、患者様(利用者さん)のご家族も、大変勉強をされているようです。

入院時や、入所時にはケアの内容や、食事の形態等についても
必ずケアプラン等にて家族にもご説明させていただいき了承をいただいて
いますが、やはり面会に来られても状況を理解されずにクレームを
云われるご家族も沢山いらっしゃいます(涙)

基本、在宅へ戻す・・。 
状況が改善すれば、より人らしい環境の施設へで・・
介護保険は動いていますが、
面会に来れない家族や働いていて自宅で
引き取れないご家族、医療機能のない生活全般の施設では、
病院受診がご家族の対応なので家族の協力が少ない患者さんほど
理解され難く、めったに来ない親族からの
知識がない為に起こるクレーム等で、職員達が疲弊しているのも現状です。

やはり、色々と勉強が必要だなと最近は感じています(苦笑)

私の働いている施設(病院)は医療度や重症度の高い病院系の施設です。
殆どの方が急性期の病院からの治療が終了し療養的な治療になった方
で看取りをして行く事になるような施設ですが、
状況が改善され在宅に戻れる方や、生活の場のグループホームへ転居される
患者さんも割合的には少ないですが勿論いらっしゃいます(*^^)v

clubおキヨさん こんにちは。
母がいつも言っております。
入院しても 長患いしないでお迎えが来る事が願いだと。
本当に生まれるのも死ぬのも神のみぞ知る・・・ですから、
本人の意志は通りません。
いつか来る人生の終いが幸せである事を願いますね。

clubりぃさん こんにちは。
今一つ分らない所があるので教えて欲しいのですが、
病院に入院して在宅に戻されても動けない人が、
「他の病院に移ってください。」と病院側から言われる事です。
友達に聞くと 「病院がその患者を見ても儲からないからだ。」と。
 色々な介護施設で職員の給料が少ないので、辞める人が多いい・・。
とも聞き、人出不足が深刻との事。
これから 団塊の世代がドンドン介護のお世話になると
増々 施設は大変になって行くはず。

劣悪な施設もあると聞きます。
一生懸命やってくれているりぃさん達の居るような施設は少ないのでしょうか?
私は まだ時間がありますから今から勉強して納得のいく施設に
入りたいな~と思っています。

こんばんはマーチャン。
最近、2軒となりに救急車来ました。
まだ80数歳の方ですけど、転倒して腰を打たれたとのことでした。
お隣のご主人は、タバコも酒も飲まないのに肺がんに掛かられました。
さすがに、いろいろ考えますね。
人の尊厳とはいかにあるべきか、解かりませんね。
アメリカでは尊厳死のことで話題になってましたが、
これもいいのか悪いのかいろいろ意見があると思います。
今は健康な日々ですけど、いつかわそのときが来ることを考えながら
生活いたします。
しかし、煩悩が・・・( ´艸`)プププ
ノイカ釣りにも行きたいし、ゴルフも上手くなりたいし、・・・
(* ̄0 ̄)ノアーアまだ死なれん!

マーチャンさん、こんばんは☆

入院された病院から出されてしまうと云う話はよく聞きます(涙)
ただし、総合病院などの一般病院からだとしたら、
仕方ないと思います・・。

総合病院等の医療保険を使う病院では、
儲からない等の問題ではなく、
急性期の治療の必要ない患者さまの居る事が出来ない仕組みとなっています。

また、国の医療保険の財源はもういっぱい、いっぱい・・。

緊急の患者さまのために医師もベッドも財源も確保しなければならないので
介護保険が創設されました。

療養するお年寄り等の患者さまには療養する病院や施設を
介護保険で使用していただく事となった訳です。

在宅に戻っても動けない方=在宅療養が不可能な患者では無いのです。
介護保険の在宅サービスを使い在宅で生活が出来たり、

自宅では無理でも最新の医療ではなく、
療養期のお年寄りが療養する病院や施設がその為に有るから
転院や転居をしていただく事になってしまうのです。

本当に色々と難しいですよね((+_+))

こんな説明で解っていただく事が出来たか? 
お役に立てなかったら申し訳ないです☆☆

悪質な病院や施設が無くなる事を私も祈っています☆☆

clubmitakeyaさん お早う~。
楽しい事が沢山あるmitakeyaさん・・・、元気で楽しんで下さい。happy01
心配ばかりしていたら、逆に病気になってしまいますから。
ただ 元気なうちに知識は集めていたいです~。scissors
お互いに 楽しい時間を沢山作りましょう~。

clubりぃさん お早う~。
りぃさんの説明で良く分かりましたよ。scissors
元気なうちに人からの情報や、色々な機関からの
情報に気をつけて見たいと思います。
もし 介護が必要になったら、施設など教えて下さい。wink

こんにちは。
とても考えさせられる記事でした。
特養に勤務する私にとっては重く、大切な投げかけだとも感じました。
いろんな事、あります。
入所者は良くて現状維持、通常は少しずつ落ちていきます。
だんだんと普通の食事が取れなくなりケアの仕方も試行錯誤になっていきます。
面会が頻繁ではない御家族様でも数ヶ月に一度文章でのやり取りはしていると思いますが…
私の施設は近況報告も電話で行っています。
心の安らぎを与えるようなケアは私達の重要な課題です。
他方、人としての尊厳はご本人様やご家族様のお考えにもよりますね…
介護はどこかへ入所しても、本人と施設と御家族とで納得し作り上げていくものだと思います。
そして納得するためには元気なうちに終末の考えをまとめておく事も必要かもしれませんね。


clubミミさん お早う~。
ミミさんも りぃさんも介護の仕事に従事していて
しっかり患者さんの事を考えてくれていますね。
悲しい事に私の実の叔父が数年前に亡くなりましたが、
最後の病院での対応が酷くて叔母が泣いて
「人間らしい扱いを・・・」と。
そんな経験がありますので、このたびの義叔父の葬儀に
思う所があって記事にしました。
介護に従事して下さる方々には頭が下がります。m(_ _)m
しっかりした施設を探すのも元気なうち・・・と、頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1826240/58071049

この記事へのトラックバック一覧です: 人生94年を生きて。:

« ノルデックに挑戦 | トップページ | 野菜が 大きく成りました »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30